アメリカで人気のFIRE(早期退職)について

皆さんこんにちは。

「お金の使い方講座」では主に海外の家計・貯蓄ブロガー・You Tuberさんたちのブログや動画を日本語で紹介しています。

*******************

近年アメリカで、経済的自由を手にいれて早期退職するFIRE(financial independence, retire early)と呼ばれる動きが広まっています。

日本語でわかりやすく説明した記事を見つけました。


これは

1年の生活費の25倍の金額を貯めて

75%を株、25%を債権で運用し

年利4%のリターンが得られるという前提のもと

利息だけで生活すれば

元金が減ることなく一生過ごせるからいつ退職しても大丈夫!・・・という概念です。


例:

1年の生活費が200万円の人の場合

x25倍 = 5,000万円を貯めて運用し

年利4%=200万円を生活費に充てれば

元金を減らさないまま一生生きていけるので

もう退職して大丈夫!

****************

一見合理的ですが

結構穴があるんですね、これ。

実際に38歳と41歳で早期退職したタニヤ&マークのブログ、Our Next Lifeでこの4%の問題について指摘しています。(英語)


通常のインフレよりも早いスピードで価格が上昇しているカテゴリーがあるため、当初想定した生活費では間に合わなくなる可能性があります。

例えば・・・

*医療費、医薬品

(管理人注:日本は皆保険で高額医療制度もあるので、医療費の負担増はアメリカほどではないと思います)

*ガソリン

*不動産(地域による)

*教育費

*娯楽(映画、ケーブルテレビ等)

などです。

*****************

しかも実際FIREした人の多くは

結局自分の経験を人に教えたり

ブログでマネタイズしたりして

収入を得ているので

本当に退職して収入がなくなっても大丈夫なのか?

が謎です。


私はお金のために働かなくて良いことは素晴らしいと思うし、収入があってもなくても自分の好きなことをできる方が幸せだと思います。


個人的なおすすめとしては


*仕事でお金を貯めつつ・・・

*出費を見直して、少な目の収入でも生きていけるようにする

*家、車、子供の教育費等と、プラスアルファのクッションになるお金が貯まったら、仕事をペースダウンする

(といっても結構な金額なので、得意な仕事をどんどんやって収入を増やすことも大事だと思います)


・・・という流れで、完全に引退しなくてもちょこちょこ仕事を続けている方が不測の事態にも対応しやすいと思います。


普段あまり先のことは考えない人の方が多いかもしれませんが、この記事が皆の参考になれば嬉しいです。


ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です