アメリカにクリスマスカード

アメリカ留学時代にお世話になった家族に、今も時々手紙やカードを送っています。

当時高校の数学の先生だったお母さんは今は引退し、娘さん夫婦の近くに暮らしています。

クリスマスに何か送ろうと思ったのですが、物流が制限されており、利用可能な手段もすごく高い。

北米に小包送るのに4,200円って!

幸い、お互い物をもらって喜ぶようなお年頃でもないので、家に買い置きしてあった鳥獣戯画のポチ袋を手紙と一緒に送ることにしました。

「money envelopsだからギフトカードやお金を人にプレゼントするときに使ってね」と書いて。

左側に写っているクリスマスカードはすごく昔にうちの両親がまとめ買いした、外人さんたちに送る用のカードです。


カードに書く言葉はネットで “holiday greeting phrases” で検索して上がったものの中から選び、写真付きの手紙と一緒に今日郵便局から出しました。


さて、最近はいろんなものが値上がりしているので買い物も工夫が必要です。


6年前に買った洗濯機を一度も洗ったことがなかったので、税込165円の洗濯槽クリーナーをドラッグストア「ダイレックス」で購入。

液体洗剤を使っているのでそんなに汚れてないかなと思っていたのですが、結構水が黒くなりました。

またそのうち同じクリーナーを買ってみよう。

同じドラッグストアで生クリームが税込300円弱だったので、こちらも購入。

チーズケーキやシフォンケーキを作るときに何かと生クリームは使うので、この値段で買えるとありがたい。いつもは別のドラッグストアで税込348円で買っていました。


別の日にはドラッグストア「コスモス」で賞味期限が近いS&Bのハンバーグスパイスが30%オフの税込68円になっていたので、お店にあるだけまとめ買いしました。


この手のスパイスは多少賞味期限が切れていても全く問題がないので。

リッツは108円でした。

以前エコにこだわっていた頃は小麦胚芽入り1箱260円くらいのクラッカーを買っていたのですが、マイケル・シェレンバーガーの本を読んで以来エコの呪縛から解放されたので、今は気にせず安くて美味しい商品を選んでいます。


バター・小麦粉・コンソメがあればグレービーソースを簡単に家で作れることを最近知ったので、買ったハンバーグスパイスでハンバーグを作り、目玉焼きとグレービーを添えてロコモコ丼を作ろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。