インフレを実感した話


コロナで政府がお金のバラマキを始めた去年(2021年)から、インフレや値上げの話をよく聞くようになりました。


とはいえ値上がりといっても、食品や燃料だと元の価格が安いので気にしていなかったのですが、今日インフレを実感する出来事がありました。


2013年の発売以来、ずーっと気になっていたティファニーのパロマ・ピカソ(画家のピカソの娘)のオリーブのジュエリー


ローズゴールドのリングネックレス、合わせて40万円くらい。

高校の頃からエルサレム、イスラエルに関心があったせいか?オリーブがやたらと好きです。


日本の店舗で一度試着した後、2015年にニューヨークに行った時に五番街のティファニーに買いに行く時間がなく、そのままになっていました。

初めてのニューヨークは1週間で回るには行きたい場所が多すぎでした。
次回はマンハッタンだけではなくブルックリンも行きたいな。

あれから7年経つのに今だに気になるなんて、もういい加減買った方が良いのではないか?と国内の店舗へ。


そうしたらまず、私のサイズの指輪の在庫が国内にない!


しかも明日、2022年1月17日から値上がり!なんというタイミング。


リングは税込269,000円–>297,000円

ネックレスは税込182,600円–>202,400円になるんだそうです。

おそらく消費税増税の時点でも値上がりしたでしょうから、2点合わせて40万だったのがいつの間にか50万になったわけです。


そうなってくるとちょっとお安いアメリカで買うか、メルカリで出品されるのを待つか・・・という感じです。


私は社会人になった時からずっとデフレだったので(俗にいう「失われた30年」)ものの値段が上がることはなく、買いたいものがあればよーっく考えてから買うのに十分な時間がありました。


ですがその流れは完全に変わったようです。


迷っているうちにどんどん値上がりしてしまうから、キャッシュで買えるものはさっさと買うということでしょうか。

経済状況によって即決できる金額は変わってきますが、私の場合は数十万だと思います。


年収の5%が目安かなと思います。


お買い物に限らず、投資も安いうちに買っておく・・・ということで地金は引き続きホールドです。

地金は2011年に1グラム4,000円を超え、今は1グラム7,000円を超えているので、10年ちょっとでかなりの値上がりですね。

地金を買ったら銀行の貸金庫に置いておくのが一番安全だと思います。

つまり例えば、2011年に400万円分の地金を買っておけば、今はそれに700万円の価値(300万円のプラス)があるということです。


そうした資産を家など大きな買い物の際に現金化すると、だいぶ支払いが楽になると思います。不労所得の300万円って割と大きいですから。


そんな風にして資産を安いうちに買って増やしながら、働いて所得を得て、これだと思うものはキャッシュで買ってフットワークよく前に進んでいくのがこれからの世の中かな?


と思った本日でございました。


ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。