久しぶりに地金を買いました


以前から少しずつ買っていた金の地金ですが、今年の3月以来、久しぶりに50g買い足しました。



本日・2022年6月28日の金小売価格は1グラム 8,794円です。

日本での過去最高値を記録した2022年6月13日の1グラム8,968円と比べて、若干安い程度の水準です。


なぜ決して安いとは言えない時に買ったかというと、実は、日本円で見ると高いだけで米ドルで見るとかなり安かったからです。


米ドルで見た今日の金価格は1オンス(約28g) 1,826ドル



一方ブログを見ると、今年の3月に1グラム8,500円で買った時は1オンス1,960ドル


当時は1ドル120円程度、現在は135円と円安が進行しているので、今年の3月と比べて「米ドルで見ると1割以上安くなっているにも関わらず、日本円で見ると値段がちょっと上がっている」という現象が起きるんですね。

米ドルベースでは金価格の過去最高値は2,100ドル弱まで行きましたから、1,826ドルの現在はまだまだ価格上昇余地があることになります。



ということで早速、いつもの日本マテリアルで購入。


地金は100g未満の単位で買うと手数料が多めにかかります。今日の小売価格で言うと…

100gのを買うと1グラムあたり8,794円ですが


50gのを買うと1グラムあたり8,816円


20gのを買うと1グラムあたり8,893円と、小さいのを買うほどグラム単価が高くなります。


グラム単価当たりの値段が高くならないことと、いずれ売却する際の税金のことなども考え、今日は50gの地金を購入。

金融商品などを買うときは間違えないように、スマホよりもパソコンを使うことが多いです。

オンラインショップで購入した後の代金の振込は、振込手数料がかからないように楽天銀行から行いました。


あとは地金が届くのを待つだけです!


外貨を買おうと思っても米ドル、豪ドル、スイスフラン…どれが上がるかわからないという時もあるので、そういうときはどこの国の通貨の価値が下がっても、価値が維持できる金を買うと安全かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。