円安と地金の話

前回のブログを書いてからあっという間にロシアとウクライナの情勢が悪化し、金価格が急上昇中です。


私の周りでも地金デビューする方たちが生まれました。

私も8,109円の日に50gのを買い足しました。小ぶりでカワイイです。


日本では輸入に頼るしかない原油も地金も値上がりする中、今日は金利と為替の話を少し書きます。


一般に金利が上がると、お金は金利が高い国に移動します。


金利が高い=利息をたくさんくれる国に皆お金を預けたいので、例えばアメリカが金利を上げ始めると、ゼロまたはマイナス金利の日本から資金はアメリカに移動し、円安になります。


今まさにそんな状態で、今日5年数か月ぶりに1円=117円に達しました。


ここ数年ずっと110~112円レンジだったので、ちょっと驚きです。



この円安というのは、地金の価格にも影響します。


ちょっと極端な例ですが、例えばこれまで1ドル100円だったのが、急激に円安が進んで1ドル150円になったとしましょう。


その日、アメリカでの金の価格が1オンス(28gちょい)2,000ドルだったとします。

アメリカでは金は1オンス単位、日本では1グラム単位で価格が表示されます。


1ドル100円なら、2,000ドル=20万円ですが、1ドル150円だと2,000ドル=30万円と、アメリカでは同じ2,000ドルでも、日本ではなんと1.5倍の値段になってしまうのです。


地金に限らず原油でも小麦粉やコーヒーなどの食品でも、輸入品は全て影響を受けます。

最近パンやバターの値上がりの話もよく聞きますね。


国産の卵やお肉でも、飼料が輸入であれば当然値段は高くなります


アメリカも極端には金利を上げられなくても、日本より金利を上げることは確実。


その結果今後さらに円安が進み、日本で物の値段がむちゃむちゃ上がると考えると・・・やっぱり早いうちに資産を日本円以外のものに替えておこう!となりませんか?


米ドルやユーロなどの外貨に交換するのは、どこの国が最終的に生き延びるかわからないので微妙。


暗号通貨や株式(全世界株式インデックスを狙い中)は下がるのはこれからだと思うので、ちょっと待つ。


そうなると一番先に手に入りやすいのはやはり地金か?と思います。


先日過去最高値をつけましたが、ここから400〜500円下がったあたり(8,000円を切るくらい)を狙って買い足そうと計画中。

前日比+218円!びっくりです。


実際に使う場面を考えると20gや10gの小さなものも買っておいて良いかな、と。


5gはさすがに小さすぎて私はなくしそうなのでやめておきます。うっかりゴミ箱などに落としてしまったら泣きます。


ただ、ここ数日金価格の急上昇に合わせて地金を買う人も急増したのか、日本マテリアルさんのオンラインショップでも、今日は金は100gのものしか販売していませんでした。

製造が追いついていないのかもしれませんね。


買いやすい値段まで下がった頃には10g、20g、50gの金塊も入荷していると嬉しいな。


なので皆さん、半年から1年分の生活費プラス、車や家電、子供の学費等数年以内に発生することが確実なお金を普通預金で確保したら、それ以外のお金を日本円以外のものの、投資に回しておくと良いと思います。


私の予想ではゾンビ経済な日本円の価値はこれからもっと落ちて(円安が進み)、気づいたら何も買えん!という状態になるのでは?と思っています。


なので全世界共通で資産価値が認められている地金、全世界の経済が一気に潰れることはないだろうから「全世界株式のインデックスファンド」、あとはいくつかの暗号通貨などに資産を分散させておくと良いと思います。


というか私はその予定です。地金と暗号通貨それぞれもう少し買い足したい(現状私の持っている金融資産のうち、地金と暗号通貨の占める割合はそれぞれ25%と15%)のと、全世界株式はもうちょっと安くなってから買い始めたいです。


皆まだ実感がないかもだけど、リーマンショックの時も、コロナもウクライナも、結構な速さで状況が悪化して、しかも悪化した状態が数年間続いたりします。


まだ普通に生活できているうちに準備しておいたほうが良いな、と私は思います。


備え方(投資の方法や、資産配分の考え方)がわからん!という方で、私を直接ご存知の方はお問い合わせください。


皆、いつ来るかわからないその時に間に合いますように。


ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。