別府市の紅茶屋さんBlue Moon

紅茶を愛する義母のお誘いで、別府市の紅茶カフェBlue Moonに行ってきました。

個人経営の小さなお店で混んでいて、席があくまで近くのモスで時間をつぶし。


2時間待ってお店に戻る。

外から見るとユニオン・ジャックが出ているだけで特にイギリスっぽくもなく。

しかし、一歩足を踏み入れると・・・


激しくイギリス。

バーレイだ!昔バーレイのBlack Willowという、イギリス人がアジアにあこがれて作ったような絵柄のシリーズが好きだったのですが、買おうと思っているうちに廃盤に。残念。


Whittard(ウィッタード)の紅茶缶、エマ・ブリッジウォーターの食器、ウィリアム・モリスの壁紙や本などなど、これでもかと言うくらいイギリスしています。

猫サンタ可愛い。


お店でかかっている音楽もスティングやらフィル・コリンズやらイギリス人。

これはオリジナル紅茶かな?

今の季節はクリスマス向けのスパイス入りを売っています。


イギリスで買ってきたという1枚250円のクリスマスカードたちもすごく可愛かったので、今度買いに行こう。


ポスターもティーカップ。

 
食事はなくてティーケーキとたくさんある紅茶から選びます。

自分で作れないものが良いのでこちらのエリザベスケーキを選びました。

デーツ、ココナッツ、胡桃と好きなものがたくさん入っている。


我々二人とも同じケーキを選び、私は紅茶はウバにしました。

義母のカップ・ソーサーはロイヤル・アルバート。

イギリスサイズ(大きい)。

甘味は日本人レベル(控えめ)。

美味しくいただきました。ゆきちゃんごちそうさまです。

しかし食器も雑貨もインテリアも、いや〜よくここまで集めたなあと思うくらい英国 (Great Britain) でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です