地中海式ダイエットが地球を救う?


このところ世界各地で山火事や水害が相次ぎ、気候変動を実感している方も多いのではないでしょうか。


私は初めて

地球温暖化

という言葉を聞いた15歳の時から30年間、どうすれば地球を守れるのか考え、人が思いつきそうなことは一通り試してきました。


それでもまだまだ続く環境破壊。


エコバッグや水筒などの小手先でない、環境問題に対する行動は何があるんだろう?


と調べていたら、役に立つ動画を見つけました。


The diet that helps fight climate change
(気候変動に対抗するのに役立つ食事


という動画です。


動画の中で面白かったのは、


*植物性のものだけ食べるビーガンも

*卵や乳製品がOKなこともあるベジタリアンも

*魚を多めに摂取する地中海式ダイエット

実はCO2の排出量はあまり変わらない


ということです。


ビーガンもベジタリアンも地中海式ダイエットも、お肉に比べてCO2排出量は5から10分の1


言われてみると、天然魚は人間が育ててるわけではなく、自由に泳ぎ回ってるだけなので、あまり環境への負荷がなさそうですね。


******

私もこれまで、肉食は環境に負荷がかかるし、動物が劣悪な環境で飼育されていてかわいそう・・・ということでベジタリアンもビーガンもなんども試みたことがあるのですが、肌の調子も悪くなるし、そもそも

お肉を食べないとメンタルが弱る


ということに気づいたため、最近はちゃんとした環境で育てられた熊本は「きくち村」のお肉を買っていました。


魚介類に関してはもともと嫌いなものが多いのであまり食べていなかったのですが、上記の動画を見てから、もうちょっと魚を増やそうと思いました。



なお動画の中では

週に何回か魚・鶏肉を食べ

牛肉・ラムなどは月に1回程度。

野菜とオリーブオイルはたくさん。


という食事を推奨しています。


また皆が地中海式ダイエットに切り替えることでCO2排出を15%減らせ、それは車10億台を1年間道路から減らすのと同じくらい効果があるそうです!


それなら頑張る私!

******

魚は、抗生物質を投与されながら排泄物の中で泳いでる(!)養殖魚よりも、天然物の方が良いと思います。


幸い日本は海に囲まれていて、お魚はたくさんとれるし。


また日本では魚の陸上養殖というものも開発されているそうです。


これなら海洋汚染やマイクロプラスチック汚染も関係ない。


日本人の人ってすごいこと思いつきますよね!

*****

さてそんな中、先日受けた特定健診(いわゆるメタボ健診)の結果を聞きに行ってきたのですが、な、な、なんと、

コレステロール値が異常に高い


という結果が出てしまいました。


私は血糖値が高いと健康によろしくないことは知っていたので、糖質はある程度制限し、代わりに脂質は割と自由に摂っていたのですが、摂りすぎになっていたかも?!


先生:「コレステロールが高いとどうなると思いますか?」

私:「・・・動脈硬化・・・」

先生:「そうです!!」(←嬉しそう)



先生は「年齢や血圧、コレステロール等」のデータを入力するとリスクが計算できるウェブページを見せてくれて(アメリカの学会のかな??不明です)


「いいですか?数値を入力しますよ。

これで計算して結果が0.7以上だったら、すぐにでも薬物療法ですよ!」


と数値を入力。


ひえーー生活習慣病で毎日お薬を飲むのは勘弁!


たとえスタチンが安いお薬なんだとしても!



ドキドキしましたが結果、


0.3でした。あー焦った!


先生には食事療法頑張りますってことでお許しいただきました。

******

今回は、善玉コレステロールのHDLと悪玉コレステロールのLDLの比率で見ると、正常の範囲内ではあるのですが、それぞれの数値が基準値を大きく超えていました。


実は健診を受けるのは8年ぶりでしたが、これからは毎年ちゃんと受けようっと。


そんなわけで素晴らしいタイミングで、コレステロールを下げるという目的も兼ねて地中海式ダイエットに移行することにしました。


地中海式ダイエット、人間の健康にも地球の健康にも良いみたいです。


この情報が私と同じ中年の皆様の役に立つと嬉しいです。


ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です