紅茶で絵を描いたら売れちゃった!

皆さんこんにちは。

今日は、副業の専門家クリス・ギルボーが主催する、様々な副業の実例をポッドキャストで紹介する Side Hustle Schoolのエピソードを紹介します。


今回のエピソードは米国のスーパー 「Trader Joe’s」の看板描きだった男性が、紅茶でアンティーク風に色付けした紙に絵を印刷して販売したら、432万円の収入になったという夢のようなお話です。

すごいですね。


ポッドキャストの音声はこちら。
https://sidehustleschool.com/episode/635/


この男性、最初はお母さんの誕生日に、紅茶で色付けした紙にアンティークな根菜の絵を印刷したものをプレゼントしたのが始まりだそうです。


収入が少ない上に奨学金の返済があり、実家の地下室に居候させてもらっていた彼。


お母さんへのプレゼントが好評だったので、初期費用3万円でティーバッグ・梱包材・手作りサイトエッツィー(Etsy)への手数料を払ってビジネス開始。


犬が他の生き物の上に乗っかっている絵がよく売れたので、売れ筋路線に注力することにして、

同じような組み合わせを次から次へと販売したそうです。


売り上げは好調で2年目には2,500件の注文があり、1ヶ月の売り上げは36万円に。


そのお金を奨学金の返済にあてた他、実家の地下室から、絵の印刷作業がしやすいマンションへと引っ越しできたそうです!!



今もTrader Joe’sの看板描きの仕事は続けているそうですが、エッツィーでの絵の販売も継続しています。

サイトはこちら、Tea Stained Madness
https://www.etsy.com/shop/TeaStainedMadness


コーギーがクジラに乗っている絵、可愛い・・・

本当、何が収入をもたらしてくれるかわからないですね。
この記事が皆へのインスピレーションになりますように。

ではまた!

(注:このブログでは1米ドル=100円として計算しています。)

2 Replies to “紅茶で絵を描いたら売れちゃった!”

    1. 本当に。なんでもチャンスを見つけて経験しておいた方が良いと思う!
      昔オーガニックにはまっていた頃、埼玉のTengu Natural Foodsのオーガニック食材だけで作ったスイーツをお店のカフェに贈呈したら、「マーケットデイに出店してください」とオファーを頂いて、初心者なのにいきなりスイーツ出店したことがあるの。
      当時の同僚が手伝ってくれて、開始からわずか2時間で売り切れ。
      たった一日だけど、人に助けてもらいながらであればなんでも形になるんだと実感したわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です