野村證券でオーストラリア国債を買いました


資源高と円安がさらに進行する今日この頃。


今日はオーストラリア国債を買いました。楽天証券ではオーストラリア国債は売っていないので、野村證券です。


買ったのは償還が2031年、額面の88.95%の金額で買えて、利回りが2.88%の商品です。

資源高と円安が先月からすごい勢いで進んでおり、それほど円安ではなかった3月に外貨預金や外国債を買っておけば良かったなとつくづく思います。


この反省を生かして、今の時点から見て、今後10年くらいで大成長しそうな投資先はどこか?と考え、オーストラリア国債を買いました。


理由はオーストラリアが資源国だからです。


今回の戦争でロシアへの経済制裁が行われましたが、戦争が終わっても、やはり敵になり得る国に資源を頼るのはまずいから、今後はもっと平和な国から輸入しようと考える国が多いと思います。


そうなるとやはり、資源国オーストラリア



しかも豪国債の格付けはトリプルエー(AAA)で、利回りもアメリカに負けないくらい高いのです。


世界の基軸通貨である米ドルは世界に影響がある分、逆に世界の影響にさらされやすそうです。


その点豪ドルではちょっとした事では揺らがなさそうな安定感があるので、償還時期が9年後の2031年でも大丈夫だろうと思いました。


特に資源もなく、高齢化が進み、経済は30年以上停滞している日本の円と、資源国で経済成長を続けている豪ドルを比べると、今後さらに円安が進むように思います。



非常に将来性が高いと思う豪国債ですが、世間の注目を浴びて豪ドル高が急伸しない今のうちに豪国債を買い足して行く予定です。


国債なら元本は保証されているし、なおかつ償還までの期間が長いと額面よりも安く買えるし、利息もたくさん付くし、相当お得だなと思います。


ご参考まで。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。