1ドル143円。どこまで進むの?

昨日1日だけで2円も円安が進み、とうとう1ドル143円になりました。

137.2円で売却しちゃった米ドル預金、もったいなかったな。

幸い米国債は80,000円ちょっとの含み益が出ています。

逆に日本株は今不調で、含み損が出ていますが。


面白かったのが金価格。

米ドルで見ると昨日は1オンス1,703ドルと反落している上、過去最高値のほぼ2,100ドルからは大きく下がっているにも関わらず…

日本円で見ると大きく上昇し、8,653円と過去最高値に近い水準まで上がっていることです。

これも円安効果ですね〜。

元々インフレ対策で買っていた地金ですが、今や円安から資産を守るのに役立ちそうです。

暗号通貨も米ドルだとグダグダに下がっていますが、円で見ると悪くない水準なのも円安効果だな〜と思います。


地金も外債も株もそうだけど、買ってすぐ利益が出るとは限らないし、一時的には買った時より値段が下がることもあります。

「これは良い」と思って、自分で考えて安いと思う水準で買ったら、あとは辛抱強く持ち続けることが大事だなと思いました。


デフレ大国に見える日本も普通にものの値段が上がっていて、昨日デンタルフロスを切らして買いに行ったら…

ぜ、税込437円!!

前は税込358円くらいだったと思うんだけど…

ちょっとびっくりして買わずに帰ってきてしまいました。いや〜。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。