野村證券でオーストラリア国債を買いました

資源高と円安がさらに進行する今日この頃。今日はオーストラリア国債を買いました。楽天証券ではオーストラリア国債は売っていないので、野村證券です。買ったのは償還が2031年、額面の88.95%の金額で買えて、利回りが2.88%の商品です。 資源高と円安が先月からすごい勢いで進んで続きを読む ... | Share it now!

米国国債ストリップスを買いました

今日は楽天証券で米国国債の利息がつかないバージョン、いわゆるストリップス債を買いました。利息の部分をむしりとって?!元本の部分だけで売っているのでストリップス(strips)と呼ばれているようです。 調べた限りでは、ストリップス債の大きなメリットは2つあります。 1. 安い。 続きを読む ... | Share it now!

コモディティ投資信託を買いました

先日のブログ記事で紹介したレイ・ダリオの黄金のポートフォリオに基づき… (出典:レイ・ダリオ推奨 黄金のポートフォリオ「オール・シーズンズ戦略」について) 資産に商品取引(コモディティ)も取り入れるべく、試しにコモディティのインデックスファンドを買いました。 続きを読む ... | Share it now!

2022年、米国債が魅力的な理由

最近、外貨の普通預金(米ドル、豪ドル)を始めたのですが、円安効果に加えてさらに増やす方法はないのかなと思ったらありました。米国債です。現在10年米国債の利回りが年2.77%とすごく美味しいことになっています。 単利だとしても、2.77%の利回りというのは、例えば「100万円分買うと、続きを読む ... | Share it now!

楽天証券での米国債の買い方

楽天証券での米国債(トレジャリー・ノート)の買い方をこちらに記します。なぜ米国債を買うか?についてはこちらの記事を参考にしてください。まず、米国債を買う前に楽天証券と楽天銀行での口座開設をした上で、楽天銀行に入金し、楽天銀行と楽天証券の口座を「マネーブリッジ」で連携させてください。こうすることで楽続きを読む ... | Share it now!

アメリカは金融引き締めへ・安くなったら買いたい投資信託と暗号通貨

コロナ対策で中央銀行がお金を印刷しまくった結果、急激なインフレを招いたのはどこの国も同じですが、アメリカがいち早くこの流れを脱出。米・中央銀行FRBは2022年3月には利上げを開始、4/6(水)にはバランスシートの大幅な縮小を発表しました。その結果もちろんNASDAQやダウ・ジョーンズといった株価続きを読む ... | Share it now!

これからの日本円と高齢化

ここ1週間は金価格や外為市場に大きな変化がなく、市場を傍観していたのですが、昨日10万円分の豪ドルを買い足しました。外貨普通預金は、楽天銀行だと米ドルは片道25銭、豪ドルは片道45銭の手数料が上乗せされるのですが、それでも1豪ドル92円代で買えました。 (楽天銀行で外貨を買うと、それ続きを読む ... | Share it now!